PC通販のマウスコンピューターG-Tune(ゲームPC)G-Tune × インタビュー > 3D モデラー インタビュー G-Tune × トビ

【注目キーワード】 第8世代 CPUGTX 1080 Ti推奨パソコンFF14LOLGTX 1060GTX 1070GTX 1080PSO2AVA

3D モデラー インタビュー G-Tune × トビ

3D モデラー インタビュー G-Tune × トビ

2014年9月16日に、「ニコニ立体」※1 において「3Dモデリングコンテスト」が開催され、G-Tuneがコンテストへの協賛、「和」をテーマにした部門と「ローポリ」 をテーマにした部門※2に分かれ、G-Tuneは「ローポリ」部門に応募された作品の中から、優秀な作品を選定し、G-Tune賞を進呈させて頂きました。

今回は、このG-Tune賞に輝いた『第1話「発進! 謎の巨大ロボット」』を制作された「トビ」氏に、G-Tune賞の景品となる、「MMD/3Dモデリングにおすすめな銀獅推奨パソコン」を使用いただいた感想を伺いました。

G-Tune賞受賞作品
『第1話「発進! 謎の巨大ロボット」』
宇宙人の侵略により全滅した防衛軍。
逃げ惑う人々であったが、ビルの中から立ち向かう少女の影が1つ…。
その瞬間、巨大ロボットが颯爽と現れた!
謎の少女は宇宙人の元へ向けて発進させるのであった。

受賞作品の閲覧はこちら!(ニコニ立体へ移動します)
http://3d.nicovideo.jp/works/td14610
受賞作品

銀獅推奨スペックパソコン

ニコニ立体コンテスト「ローポリ」部門におきまして、G-Tune賞の受賞おめでとうございます。 まずは、受賞に際しての感想や、制作された作品のコダワリついて伺えますでしょうか。

まずは作品を閲覧して下さった方々、お気に入りや評価、コメントをして頂いた方々、本当にありがとうございました。
作品投稿時には自分が受賞するとは思っていなかったため、連絡を頂いた時は「へぇ〜…ん?…え!?」というような感じでした。まさかと思い、二度見してしまいました。ベタな感想かもしれませんが、本当に驚きましたし、嬉しかったです。

作品についてこだわった部分は、スケールを大きくする、という事を作成当初から考えており、また、作品タイトルに関しても一風変わったものにしようと思っていました。そして、メインキャラを人物とロボットという2点にすることで、作品に深みを持たせることができたのではないかと思います。

G-Tune賞として、銀獅推奨パソコンのグラフィックスをGTX980にカスタマイズした製品をご提供させて頂きましたが、今までの使用していたパソコンと比べた感想を頂けますでしょうか。

今まではスペックの高くないノートパソコンを使用しており、ソフトの起動が遅かったり、ブラウザの表示などに時間がかかったりしていましたが、製品を使用させて頂き感じたことは、スペックが段違いに高く、とにかく処理がサクサクしており感動しました。ネットでの表示や読み込みも速く、快適な環境で作業がやりやすいです。


  • Q2
使用して頂いて、あ!これは便利!といった点はありましたか? また、こういった機能があったらいいな、などG-Tuneへのリクエストなどありますでしょうか?

細かい部分ですが、ブラウザ閲覧時にマウスの横にある「戻る」「進む」ボタンが便利でした。あとは、省電力に関する機能があったら良いなと思いました。

3Dモデリング制作環境についてお伺いします。どのようなソフトを使用されていらっしゃいますでしょうか。

モデリングソフトはMetasequoia(メタセコイア)を使用しています。とてもポピュラーなソフトで知っている方も多いと思いますが、操作もやりやすくて重宝しています。また、ボーン(モデルを動かすための骨組)を配置する機能や、MMD用ボーンなどのテンプレートもあり、とても便利です。

3Dモデリング制作環境
3Dモデリングの作成、公開を始めたきっかけを教えてください。

元々は知り合いの方とゲーム制作をしており、自分がドット絵でキャラクターのアニメーションなどを描いていたのですが、大変な作業でしたので、どうにかしたいと相談したところ、「じゃあ3Dで作ってみたら?」みたいな流れで、モデリングを始めました。

クオリティを上げるために練習をしていましたが、本格的に取り組んだのはニコニ立体のサービスが開始されてからでした。最初は自分のクオリティが低い作品を公開するか悩んでいましたが、いざ投稿するとフォローやお気に入りをして頂けたり、コメントをして頂いたり、とても励みになりました。そして、それから現在も投稿を続けております。

今度はどのような作品を作りたいと考えていますか?

MMDやアニメーションにも取り組んでいきたいと思っています。現在はボーンやウェイトなどといったモデルを動かすための作業を勉強しています。

まだまだ覚えることがたくさんありますが、表情を作ったり、やっと動かせるようになった時は楽しいです。作り方が慣れていないので微調整や修正の連続なのですが。

作業中のスクリーンショット
これから3Dモデリングを始めてみたい方々に向けて、メッセージをお願い致します。

自分が実際に始めた時は、参考書を見て軽く練習したあと、作りたかったアニメ調の人物をいきなり作り始めるようにしました。最初はわからないことだらけなので、そのたびに調べたりしながら作りました。まずは作りたいものを決める、ということも重要なのではないかと考えています。

作る流れがわかってきたら他の方々の作品を見て研究したり、自分で作った作品を投稿するのも良いと思います。そういった場でコメントをしたり、してもらったりと交流することで投稿することが楽しくなってくるのではないでしょうか。

投稿した時に閲覧数が伸びなかったりと悩むこともあるかもしれませんが、それをバネに「次はもっとクオリティを上げる!」と目標にすることで継続するモチベーションが上がると思います。クオリティが高かったり、見ていて面白い作品などは、お気に入りやコメントがたくさん入っていることがわかります。

これから始めたいという方には、ぜひ、作る楽しさや作品を見てもらう楽しさを体感して頂きたいなと思います。

<ご紹介>
トビ
主にアニメ絵や2Dに見えるような3D作りを目指しており、今後はオリジナルキャラも増やしていきたいと思っています。
まだまだ修行中ですが、どうぞよろしくお願いします。

ニコニ立体/トビの作品ページ : http://3d.nicovideo.jp/users/38954224

※1 株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴの両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」( http://www.nicovideo.jp/ )において、2014年5月に開始した、3DモデルやMMDモデルを投稿・配布・閲覧できる立体投稿共有サービスです。
※2 総頂点数4000以下の作品に絞った部門です。

インタビューTOP

おすすめカスタマイズ