PC通販のマウスコンピューターG-Tune(ゲームPC)G-Tune × インタビュー > eスポーツイベンター インタビュー G-Tune × トンピ?

【注目キーワード】 第8世代 CPUGTX 1080 Ti推奨パソコンFF14LOLGTX 1060GTX 1070GTX 1080PSO2AVA

eスポーツイベンター インタビュー G-Tune × トンピ?

eスポーツイベンター インタビュー G-Tune × トンピ?

6月21日にe-SPORTS SQUARE AKIHABARAにて人気FPS「Alliance of Valiant Arms」(以下 AVA)のオフラインユーザーイベントが開催されました。
本イベントのプロデュース及び、AVAの各種公式イベントでも実況解説者として活躍されている「トンピ?」氏にインタビューを行いました。

まず、今回のオフラインイベントをプロデュースされた感想を頂けますでしょうか。

もともとネットカフェでの小規模なイベントは店舗主催という形で何度か行ってきていましたが、e-sports SQUAREという初の会場で、1からイベントを作り上げるのは非常にやりがいがありました。特設ページの作成や賞品の調達など、自分の出来る限りを尽くしたと思います。

イベント当日も配信や受付の準備に追われイベント開始時間まで会場内を走り続けていたような気がします。(笑)気づけば会場にはたくさんの参加者が来場されていました。本選では熱い試合の数々をくり広げられ、会場は熱気につつまれていました! たいてい時間通りには終われないのがオフラインイベントの定番なのですが大きなトラブルもなく無事イベントは予定通りに終了。AVAの小規模イベントとしては大成功を収めることができました!

これも協力してくれたクランメンバーやスタッフの皆様、そしてご協賛いただいた各社様のおかげであると思っています。今後もこういった活動を続けるとともにプレイヤーとしての実力も高めていきたいと思います。

  • イベント写真
  • イベント写真
「トンピ?」さんが考える、感じている、AVAの魅力はどんなところでしょうか?

AVAの魅力で一番に浮かぶのは私が主としてプレイしている「護衛モード」です。戦車を押し進めゴールに導くといったルールなのですが、死んでしまっても生き返ることが出来ることからその場その場の連携や瞬間的な心理戦が勝負のカギを握る熱い競技モードです!とくにチームワークが重要となるこのモードは他のFPSタイトルにはなく、AVAでしかプレイできない特殊なゲームモードであるため最大 の魅力と言えます。

そしてユーザーコミュニティを広げる場が多いという点もAVAの魅力だと思います。マッチングシステムやボイスチャットマンブルの公式サーバーの導入などオンライン面はもちろんオフラインイベントの多さはFPS史上最多だと思います。 日本全国のネットカフェで行われ、AVA運営と交流も出来るネットカフェキャラバンやチームを組んで各ネットカフェの代表として全国の強豪と勝負を行うネットカフェ甲子園、そして店舗が主催するオフラインイベント等の小規模なオフラインイベントから後楽園ホールや表参道ヒルズで行われた大型オフラインイベントまでユーザーが参加できるイベントが多く、私がAVAの世界にのめり込む理由となったのもこのようなイベントがきっかけでした。

多さという点では、イベントだけでなくオフィシャル大会の多さも魅力の一つだと思います。ゲーム内やイベントで知り合い仲良くなり仲間同士でクランを作ります。仲間たちと腕を磨き合い大会に出場することはどんなスポーツの世界にも共通することだと思います。AVAの大会はモード別やマップ別、実力別、トーナメント制、総当たり制の大会など、多種多様な形式の大会が多く開催されその中には国際大会出場の権利が得られる大会もあります。仲間と共に高みを目指す機会の提供の多さもAVAの魅力だと思います。

継続は力なりという言葉がありますが同じ志のメンバーが集えば多くの楽しみが生まれると思います。私のクランも創設してから3年が経とうとしています。このようにどの場所にいる人とでもインターネットを通してAVAを楽しむことが出来る、これは当たり前なことでありながら本当に素晴らしいことだと思います。

  • イベント写真
  • イベント写真
  • イベント写真
  • イベント写真
AVAユーザーからみてパソコンなどのハードウェアにおいて、楽しむ・勝つために気を使っていることはありますか?

私はもともとグラフィックボードが積まれていないオンボードPCでAVAをプレイしていました。しかしそれに限界を感じ、デスクトップパソコンを自作することにしました。AVAは他の無料FPSと比べると若干高いPCスペックが推奨されています。快適にAVAを楽しむにはグラフィックボードやメモリ、CPUには気を使うべきだと感じました。

  • イベント写真
公式オフラインイベントでもG-Tuneの製品が使用されておりますが、実際に触れてみて頂いていかがでしたでしょうか?

率直に十分すぎる性能であると感じました!AVAには敵に影をつけるゲーム設定があるのですが、これがあるかないかで大きくプレイパフォーマンスが変わってくるのです。しかし、影の設定を入れてしまうとゲームが重くなりやすくなるという問題があります。会場に設置されていた「G-Tune」はその影の設定を入れても問題なく快適にAVAをプレイすることが出来ました。

  • イベント写真
大会用機材とは別に、G-Tuneのオリジナルマウスパッドもご使用いただきましたが、そちらの感想を頂けますでしょうか。

私は普段布製のマウスパッドを使用しているのですがG-Tune製オリジナルマウスパッドは布とプラスチックの間のような感触で、両者の良いところを兼ね備えていると感じました。非常にマウスのすべりが良く、手を置いても素材が柔らかいので手が疲れにくく手首でマウスを動かす私にとってはすごく使い心地が良かったです!

  • イベント写真
ゲームユーザー視点、もしくはAVAユーザー視点として、これからG-Tuneに期待することはありますか?

PCゲーマーからするとPCはハイパフォーマンスな性能とローコストであることが現在でもこの先でも求められると思います。つい最近サイドパネルのAVAエディションがカスタム出来るようになってましたよね、あれその部分だけもらえたり出来ないのでしょうか。激アツすぎます!中身の性能も大切ですがケースなどの外見のカッコよさやデザイン性をさらに追及していってもらいたいと思っています。

  • イベント写真
最後に、このインタビューを読んでいる方々に一言お願い致します。

実力を発揮するにはプレイヤーのスキルはもちろんですが、環境面を整えることも重要な事だと思います。 ステップアップを図るプレイヤーの方々にG-Tuneをオススメしたいです!ゲームをするならG-Tune! 広げようAVAの輪!

  • イベント写真

<ご紹介>

お名前:トンピ?

1993年生まれ。東京出身。
FPSゲーム、主にAlliance of Valiant Arms(通称 AVA)で活動を行っており、国内大会、国際大会の配信実況やMCを務める。
AVAの護衛モード及びeスポーツの活性化とコミュニティの拡大を目標に掲げ活動を行っている。
プレイヤーとしてもオンライン大会での優勝経験がある実力者。
ネットカフェ等でのイベント実況回数は40回を超える実績がある。
「ゲームを楽しむ」ことをモットーに活動している。
良い匂いがする。

実況・MCの出演経歴
東京ゲームショウ2012 ぷよぷよ学生王決定戦 実況
AVARST Season3 決勝戦2012 実況(護衛)
AVAAIC2013国際大会予選配信MC・実況
AVAIFM2013 国際 エキシビジョンマッチ 配信実況
AVAれ祭り2013後楽園の陣 配信実況
AVAIFM2014国際エキシビジョンマッチinニコニコ超会議3 配信実況 等

Twitter:@tonpiava

インタビューTOP

おすすめカスタマイズ