PC通販のマウスコンピューターG-Tune(ゲームPC) > G-Tuneは、「Oculus Rift(オキュラスリフト) DK2」が創る新しいVR世界を応援します。

【注目キーワード】 推奨パソコン水冷パソコンFFXIVLOLGTX 1070GTX 1080ボーナスセールGTX970GTX980PSO2AVA

G-Tuneは、「Oculus Rift(オキュラスリフト) DK2」が創る新しいVR世界を応援します。

G-Tuneは、「Oculus Rift(オキュラスリフト) DK2」が創る新しいVR世界を応援します。

すべてはゲーマーのために

革新的な没入型ヘッドマウントディスプレイOculus Riftとは?

Oculus Rift(オキュラスリフト) DK2 とはヘッドマウント型のVR(バーチャルリアリティ)ディスプレイです。
装着すると、その先に3Dグラフィックスで描かれた仮想現実の世界が表示され、まるでその世界にいるような感覚が引き起こされます。
超低遅延の6軸ヘッドトラッキングで高い没入感を実現!
リアルの首の動きと、VR空間内の動きが同期。さらに、視野角110度(対角)/ 90度(左右)、解像度1,280×800 (片目につき640×800ステレオ3D表示)に対応しているため、高い没入感を実現します。
※参考:今まで発売されてきたヘッドマウントディスプレイの多くは視野角45度(対角)前後。(Sony HMZ-T1など)

パーソナルモーションキャプチャー「Perception Neuron」体験イベント開催!

Oculus Rift DK2が完全動作する「変態ノートPC」はどうやって生まれたのか? マウスコンピューター 杉澤氏に聞いた誕生秘話

Oculus Rift についての小冊子が出来ました。

電撃ASCII特別号 G-Tune×Oculus Rift ガイドブック!
東京ゲームショウ2014にて配布された特別号がこちらからダウンロードできます。Oculus Riftで楽しめるコンテンツは? 快適に動く環境でないと動作はどうなってしまうのか? そんな疑問にお答えする内容になっています。

G-Tuneで体験するよりリアルな没入感

ゲーミングPCで培った技術をフルに活かせる Oculus Rift の世界
ゲーミングPCとして、グラフィックス描写能力にシビアなユーザーに選ばれているG-Tuneには、そもそもOclus Riftが必要とするスペックが備わっています。
VR空間の表示には高いグラフィックス性能が必要
グラフィックス能力の低いパソコンの場合、再生するコンテンツによっては表示の遅延や乱れ、いわゆる「カクツキ」という現象が発生してしまう事でしょう。 これでは、せっかくのVR空間を楽しむどころか、リアルの動きとVRの動きの遅延により混乱が生じ、Oculus Riftの特長でもある高い追従性が失われ、没入感の減少、最悪の場合、3D酔いをおこしてしまいます。

Oculus Rift ユーザーインタビュー
「Oculus は本当に凄いんですよ、未来なんですよ!」  続きはこちら

周辺機器でさらに広がるVR体験

パソコンならではの拡張性が可能性を広げて行く
例えばフライトシミュレーターを、ゲームパッドでプレイしてもOculus Riftによる没入感は創造を超えるものがあると思いますが、より専門的な周辺機器のフライトスティックやフットペダルなどを組み合わせることにより、さらなるVR空間への没入感にのめり込むことができるでしょう。
様々な周辺機器との組み合わせによる様々なVR体験を「パソコン」を通じて体験できるのも、Oculus Riftとパソコンの組み合わせの成せる技術と言えます。