PC通販のマウスコンピューターG-Tune(ゲームPC)ゲーム用デスクトップパソコン(PC)MASTERPIECE i1581 シリーズ (X99) > OverClock MASTERPIECE シリーズ詳細 (X99)

【注目キーワード】 推奨パソコンFFXIVLOLGTX 1060GTX 1070GTX 1080セールPSO2AVA

OverClock MASTERPIECE シリーズ詳細 (X99)

G-Tune × Abee : OverClock MASTERPIECE

ワンタッチでオーバークロック可能。これまで敷居の高かったオーバークロックを 

G-Tune ではハードウェアボタンによりワンタッチで CPU と GPU をオーバークロックすることが可能になりました。

「G-Tune」と「Abee」のコラボレーションにより実現したフラグシップモデル「MASTERPIECE」。

傑作の名を冠する、その高性能・高品質なハイエンドシリーズが更なる進化を遂げました。

8コア 16スレッド全てオーバークロック!

8 コア全てオーバークロック!

インテル® Core™ i7-5960X プロセッサー エクストリーム・エディションは、通常 3.00GHz で駆動、ターボブースト有効時は負荷時最大 3.5GHz (1-2 コア時)となるところを、オーバークロックにより、8 コア全てが 3.6GHz で駆動します。

※ 極端な負荷、温度等の条件により、保護機能が働き、CPU 動作周波数が想定値より低くなる場合があります。

6 コア全てオーバークロック!

インテル® Core™ i7-5930K プロセッサーも同様に、通常 3.50GHz で駆動、ターボブースト有効時は負荷時最大 3.7GHz (1-2 コア時)となるところを、オーバークロックにより、6 コア全てが 3.9GHz で駆動します。

※ 極端な負荷、温度等の条件により、保護機能が働き、CPU 動作周波数が想定値より低くなる場合があります。

6 コア全てオーバークロック!

インテル® Core™ i7-5820K プロセッサーは、3.30GHz で駆動し、ターボブースト有効時は負荷時最大 3.6GHz (1-2 コア時)で駆動しますが、本製品はオーバークロックボタンを押すことで、6 コア全てが 3.8GHz で駆動します。

※ 極端な負荷、温度等の条件により、保護機能が働き、CPU 動作周波数が想定値より低くなる場合があります。

グラフィックスもボタン一つでオーバークロック!

グラフィックスもボタン一つでオーバークロック!

オーバークロックを特長として販売されている PC 製品の多くは CPU のオーバークロックのみにフォーカスしています。G-Tune は、ゲーム PC ブランドとしてグラフィックスのオーバークロックにもこだわります。

一般的な GeForce® グラフィックスの動作クロックは、GPU コア温度や負荷状況に応じて、定格と上限の間を上下しますが、G-Tune のグラフィックスオーバークロックは、パワーターゲットおよびクロックオフセットのシフトアップにより、2 段階のクロックアップ支援機能を実現しています。

まずパワーターゲットの変更により、GPU 最大クロックの伸び幅を向上させ、更にクロックオフセットの変更により、通常時の動作クロックも上昇させています。

モニタリングソフトによる数値の推移

また、CPU と GPU のオーバークロックの挙動は、独自のツール「G-Tune OC Boost」により確認が可能です。

(例)GeForce® GTX™ 980 水冷の場合
ベースクロック: 1127MHz → 1205MHz
ブーストクロック: 1216MHz → 1294MHz

グラフィックスカードの消費電力や温度などに余裕がある場合は、自動的にその範囲内でブーストクロックを越える動作クロックまで上昇し、性能を引き出します。

3DMark FireStrike 1.1 Graphics SCORE
(例)GeForce® GTX™ 980 水冷の場合
通常: 13811
オーバークロック:14452 スコアアップ!

※ベンチマークスコアは弊社の計測環境における特定構成の計測値です。
お客様によるベンチマーク計測時のスコアを保証するものではありませんのでご了承ください。
※表示の動作クロック表示は、弊社の計測環境における特定構成の計測値であり、変動することがあります。

独自のファン回転数制御

独自のファン回転数制御

標準時にはとにかく静音性を重視し、出来る限り FAN 回転数を抑える=静かになるよう設定。

一方オーバークロック時には出来る限り GPU 温度を低く=ブーストしやすくするのを重視し、早め早めに FAN 回転数を上げるよう設定しています。

高品位スイッチ& LED ユニット

高品位スイッチ& LED ユニット

オーバークロックスイッチは大きくストロークが浅い設計となっており、クイックなレスポンスでオーバークロックを行うことができます。また、ON 時には MASTERPIECE シリーズのイメージカラーと同様のレッドカラー LED が点灯し、オーバークロック時の高揚感を演出します。さらにオーバークロックスイッチ ON ・OFF 時には Tune ちゃん音声による起動音が鳴る設定となっています。
オーバークロック起動音声

電源スイッチはアルミインゴットを丹念に削りだし、高品質アルマイトを施しており、ストロークが浅くクリック感に優れる高性能マイクロスイッチを合わせることでデザイン性ばかりでなく、ハイエンド PC ケースにふさわしい洗練されたクリック感を実現します。

また、電源とハードディスクのアクセスランプにもこだわり、LED による視認性の高いレッドカラーを採用しています。

INTERIOR インテリア −内部−

新たに追加されたトップエアホールによる圧倒的なエアフロー

新たに追加されたトップエアホールによる圧倒的なエアフロー

従来の製品から、新しく天板にエアホールを追加。更に14cm FAN を標準搭載。これにより更なるエアフローの強化が可能になりました。

可動式フロント FAN による圧倒的なエアフロー

MASTERPIECE シリーズの最大の特長は「可動式フロントFAN」の採用です。

搭載するグラフィックスカードの長さに合わせてフロントFANの設置箇所を変更することができるため、グラフィックスカードへの直接的な冷却が可能となり、最上位グラフィックスカードの複数搭載を容易なものとします。

※写真はグラフィックスカードの水冷専用の FAN になります。

大型のグラフィックスカードを搭載するために練りこまれた内部構造

大型のグラフィックスカードを搭載するために練りこまれた内部構造

デッドスペースとなりがちな、マザーボードが持つポート数よりも多いハードディスクケージを MASTERPIECE では大胆にカットしています。

これにより、奥行きをできる限り狭めたまま大型のグラフィックスカードを搭載することができます。

また、ハードディスクケージをカットしつつも、4 台のハードディスクを搭載可能な 3.5 インチシャドウベイ、2 台の SSD を搭載可能な SSD 専用ベイを設けているため、ATX マザーボードの SATA ポートを最大限に利用することができ、強力なストレージ構成の構築が可能です。

利便性を考慮したハードディスクベイと SSD ベイ

利便性を考慮したハードディスクベイと SSD ベイ

ハードディスクベイにはメンテナンス性を考慮したスクリューレスのハードディスクマウンタが付属。ストレージの交換が容易になっています。

また、ハードディスクベイの圧迫を避けるために、SSD 専用のベイを別途設けています。SSD の RAID 構成という強力なストレージを視野に含め、SSD を最大 2 基搭載可能です。

※搭載するパーツ構成により、実動可能な個数は変動します。

EXTERIOR エクステリア −外観−

高級感溢れる精悍な佇まい

高級感溢れる精悍な佇まい

傑作・代表作を意味する「MASTERPIECE」に相応しく、ヘアライン加工を施したフロントパネルが特長の高級感溢れる精悍な佇まい。

アルミ素材は熱伝導率に優れ、かつ強靭な素材特性を持つため、冷却効果・重量低減をも実現します。

また、本製品は Abee 製品には無い G-Tune 専用のオリジナルデザインとなっており、強靭なイメージを高めるブラックシャーシをベースに個性を放つレッドラインを設けることで、気品と風格が漂う洗練されたデザインを実現しています。

アクセスのしやすいフロント中央にオーバークロックスイッチを配置

アクセスのしやすいフロント中央にオーバークロックスイッチを配置

新たにフロント中央にオーバークロックスイッチを配置しました。これにより筺体を机上に置いたり床に置いたり等、設置シーンに関わらずすぐにオーバークロックスイッチや各種インターフェースにアクセスすることができます。

また、フロントパネルには異なる表面処理を施したアルミパネルの 2 重構造を採用。ヘアライン処理を施したメインパネルとショットブラスト処理を施したセンターパネルを重ね合わせることにより、高級感漂う絶妙なコントラストの中で精悍なフロントフェイスを形成します。

センターパネルの外側にはアルミ表面に微細な研磨痕を残しアルミらしさをひきたてて質感を高め、内側には外見と手触りをマットな梨地にするとともに強度の向上と腐食防止にも効果を発揮します。

フロントパネルに設けられる I/O ポートは利便性に配慮し、ケース上部に配置しているため、デスク下に PC を設置した場合でもアクセスが容易です。

スティール合金による高剛性シャーシと制振カバー構造

スティール合金による高剛性シャーシと制振カバー構造

シャーシに肉厚なスティール合金を採用。

複雑な折り曲げ加工を施したアルミ製カバーとシャーシとが密接に結びつくことで、剛性のみならず、放熱性、制振性、防塵性などに優れています。

512 個のエアホール付フロントパネル

512 個のエアホール付フロントパネル

2 層のアルミ合金で構成されるフロントパネルには 512 個ものエアホールを設け、優れた吸気効率に貢献します。

左右のサイドパネルに設けられたシャープなスリットにより冷却性が向上

左右のサイドパネルに設けられたシャープなスリットにより冷却性が向上

正面から見て左側のサイドパネルには、前面から背面に向けて大きくスリットを設けています。
このスリットはグラフィックスカードの搭載部分に位置し、発熱の高いグラフィックスカードを搭載した場合でも、効率的な吸気をすることで安定した動作を可能としています。

正面から見て右側のサイドパネルには前面にスリットを設けています。
片方のサイドパネルだけでは処理することのできない温度も、両方のスリットにより効果的に処理することができます。

【BTOオプション】アルミ素材の高品位インシュレータが選択可能

【BTOオプション】アルミ素材の高品位インシュレータが選択可能

直径 48mm のアルミインゴットをひとつひとつ削り込み、高品位アルマイトを施したインシュレータを BTO にて別途お選びいただけます。

特殊ゴムに有機系発泡剤等の諸原料を混合し、熱分解させて製造した特殊スポンジラバーを採用することにより、より効果的な制振性能を発揮します。

【標準装備】シンプルで実用性重視のラバーインシュレータ

【標準装備】シンプルで実用性重視のラバーインシュレータ

オーディオ機器にも採用され、高い実績を誇る大型のシリコン系制振ラバーインシュレータを装備。

高品位ラバーインシュレータはデスクやフローリングにしっかりと密着し、マシンの振動を逃しません。

G-Tune × Abee !ステンレス製のエンブレムプレート

G-Tune × Abee !ステンレス製のエンブレムプレート

Abee ケースではお馴染みのステンレス製のエンブレムプレートをリアに装備。G-Tune × Abee の刻印が施されたオリジナルデザインとなっています。

このエンブレムプレートはステンレス合金に鏡面仕上げが施され、日本の製造工場で厳正な生産管理の下、ひとつひとつ丹精をこめてつくり上げられた証です。

ひとつ前に戻る