PC通販のマウスコンピューターG-Tune(ゲームPC) > イベントでの使用やコンテンツ開発など、VR環境構築のためのOcuFes監修パソコン

【注目キーワード】 推奨パソコン水冷パソコンFFXIVLOLGTX 1070GTX 1080ボーナスセールGTX970GTX980PSO2AVA

OcuFes監修PC

イベントでの使用やコンテンツ開発など、VR環境構築のためのOcuFes監修PC
  • イベント実績
  • メディア掲載実績
使用イメージ

OcuFes監修PCとは、積極的にVRコンテンツの間口を広げるため活動しているVR開発者団体「OcuFes」の監修のもとに開発されたPCです。純粋にVRを楽しみたい方、VRコンテンツを制作されるクリエイター向けの様々な製品スペック、また、イベントやデモ用途で活用できるように、小型デスクトップやノートPCなど、G-Tuneならではの多彩なラインアップで、VRコンテンツの可能性を広げてまいります。

必要スペック

とどまることのないVRの世界、同時にPCの必要スペックへの要求も高まっている。

Oculus Rift CV1
OS:Windows® 7 SP1 64 bit 以降
グラフィックス: GeForce® GTX™ 970 / AMD R9 290 以上
CPU:インテル® Core™ i5-4590 プロセッサー 以上
メモリ:8GB以上
映像出力:HDMI 1.3
USBポート:USB3.0ポート x3、USB2.0ポート x1
VIVE , VR SYSTEM FROM HTC.
OS: Windows® 7 SP1 64 bit 以降
グラフィックス : GeForce® GTX™ 970 / AMD R9 290 以上
CPU : インテル® Core™ i5-4590 プロセッサー,
AMD FX™ 8350プロセッサー 以上
メモリ:4GB以上
映像出力:HDMI 1.4 またはDisplayPort1.2以上
USBポート:USB2.0ポート x1
VR向けヘッドマウントディスプレイとは?
Oculus Rift CV1やVIVEに代表されるVR向けヘッドマウントディスプレイは、いわば「頭につけるセンサー付きモニター」です。
装着することで、視界が全てモニターに覆われるため高い没入感を得ることができます。
また、センサー類で頭の動きを検知し、向いている方向の画像/映像を次々と映し出すことで、
現実との区別がつかなくなるほどの映像体験を実現できます。

OcuFes代表 桜花一門氏に聞く 「何故、ハイスペックPCが必要なのか?」

VR向けコンテンツにはFPSが重要な要素となる

VR向けコンテンツは、現実との区別がつかなくなるほどの没入感を得ることができますが、そこに付随する問題として、「少しでも現実と違うと、それが違和感になって気分が悪くなる。」という点が挙げられます。

  • 正しく認識されている状態では問題ない

例えば、FPS※が足りないと首を振っても画像が更新されません。現実で首を振って、見えている物が変わらないことは無いため、これが脳への違和感=気持ち悪さ=VR酔いの元になります。VR向けヘッドマウントディスプレイは右目、左目別々にCGの計算をしているので、普通のゲームより倍の負荷がかかります。

※FPS:フレームパーセコンド。ゲーム、アニメ、実写などの動画コンテンツは、静止画を超高速で書き換えることにより、動いているように認識させます。この静止画を1秒間に何回書き換えさせているかの値を「FPS」とし、この値が多ければ多いほど、滑らかな動画になります。Oculus Rift CV1やVIVEの場合は1秒間に90枚の絵、つまり90FPSを描画することが可能です。

リアリティを追求するほどハイスペックPCが必要になる

ゲーム映像描写として、よりリアルな映像を演出する際、鏡や水などを表現において、絵が反射するなどの演出を施すことがあります。

その場合、鏡や水面の反射を計算しようとすると、通常のCGの計算の他に、水面に反射した像の計算も行います。 つまり単純に水面の反射を実行すると、2倍のCG計算が必要です。VR向けヘッドマウントディスプレイの左右の画像で2倍の計算を既に行っているため、合計で普通のゲームの4倍の処理をしている事になります。

つまり、没入感の高い美麗なVR体験をするためには、ハイスペックなパソコンでないと映像出力する際の能力が足りず、「VR酔い」に繋がってしまうということです。
勿論、コンテンツ制作側の観点からしても、「VR酔いしにくいコンテンツ制作」を心がけますが、より没入感が高く・面白いコンテンツを作っていくためには、映像の美麗さも一つの要素となってきますので、この基点として「推奨スペック」というものが、各VRヘッドマウントディスプレイメーカーから提唱されていることは、分かりやすいポイントです。

  • FPS不足などで映像に違和感が発生する⇒VR酔いが発生する。
  • 通常は「パソコンに映像を映す」という1つの処理のみ。現実のように見せるため右目左目の映像にそれぞれの処理が必要。さらに反射があると映りこんだ像にも処理が発生

ノートパソコンでVR環境は実現できるのか

2016年4月現在においては、ほぼ一択※

2016年4月現在においては、ノートパソコンにおけるVR環境構築は大きく分けて二つの弊害があります。
一つは、省電力機能による互換性問題
一つは、グラフィックス性能
となります。
この二つの弊害を解決している製品が「NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズ」です。
理由は後述に付随しますが、ほぼ一択の状況です。

  • NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズ
省電力機能による互換性問題

高いグラフィックス性能を有するノートパソコンの多くが、バッテリーの持ち時間を維持するために、省電力機能を標準で搭載しています。
これは、グラフィックス負荷の少ない環境下においては、消費電力の少ない「モバイル向けCPU内蔵グラフィックス」で処理し、高負荷の環境下において「自動的に」グラフィックスカード処理に切り替える、というものです。

通常時の使用においては、非常にメリットのある機能なのですが、VR環境において、「グラフィックスカード処理に自動的に切り替わらない」ということが多々あります。
そのため、ノートパソコンにおけるVR環境を構築する上では、「省電力機能を排除する」ことが求められます。
G-Tuneでは、二つの切り口により「省電力機能を排除する」ということを実現しています。

一つは、デスクトップ向けCPUをノートパソコンに搭載することにより、省電力機能の要である「モバイル向けCPU内蔵グラフィックスで処理する」という概念を無くす。
ただ、欠点として「省電力機能が無い」ため、バッテリーの消費が激しいです。
一つは、「GPU Switch」という機能を一部製品に設けています。これは、外部接続のモニタをノートパソコンにつけたと同時に、CPU内蔵グラフィックス使用の電気信号を遮断するという機能です。また、設定で、「常に遮断する」という挙動も可能です。
こちらは、任意で省電力機能を有効化することができますので、バッテリーの問題もある程度改善されます。

グラフィックス性能の課題

前項にて、省電力機能の点における懸念を排除した製品をG-Tuneにて取り組みしていることはお話しましたが、今後は、グラフィックス性能の懸念が出てきます。
VR向けヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift CV1」および「VIVE」は、快適なVR体験を実現するグラフィックス指標を下記として定義しています。

グラフィックス: NVIDIA® GTX™ 970 / AMD Radeon™ R9 290 以上

どちらも、デスクトップパソコン向けのグラフィックス指標です。グラフィックスカードに限らず、CPUやメモリなど、高い負荷をかければかけるほど「熱」を発していきます。見た目でも分かると思いますが、デスクトップパソコンと、ノートパソコンとでは内部の「ゆとり」に大きな差があります。
内部にゆとりがあるほうが、熱が溜まりにくいため、
性能の高いグラフィックスカードを搭載できることになります。つまり、デスクトップパソコンのほうが「性能を高くしやすい」ということです。

では、ノートパソコンで採用されるグラフィックスは、デスクトップ向けのグラフィックスと比べてどの程度の性能差があるのかを見てみましょう。

  • 省電力機能のイメージVR環境においては省電力機能が不都合に働く場合も
  • 既存のゲーミングノートとNEXTGEAR-NOTE i5710シリーズの比較
  • 「ノートパソコン」内部にゆとりをもたせることが難しい構造/「デスクトップパソコン」内部にゆとりをもたせ熱がこもりにくい構造に

グラフ

上記のとおり、ノートパソコンで採用されるグラフィックスのほとんどが、デスクトップ向けのグラフィックスと比べて、性能が低いことがわかります。性能を超えることができているのが、ノートパソコン向けの「GTX™ 980」(GTX™ 980Mではなく、GTX™ 980)と、GTX™ 980M SLIになります。

GTX™ 980M SLIというものは、グラフィックスを2基搭載し、1基と比べて性能を向上させているものになります。
ただ、「SLI」というものは、2016年4月時点において、VRコンテンツとの相性がよくなく、本来の性能を引き出すことができず、デスクトップ向けのグラフィックス性能に適わなくなってしまいます。
そうなると、唯一デスクトップ向けグラフィックスを超える性能を発揮できているのが「ノートパソコン向けGTX™ 980(GTX™ 980MではなくGTX™ 980)」というものになります。

これが、VR環境を構築するためのノートパソコンは「ほぼ一択※」の理由になります。
※2016年4月現在の情報において

  • VR環境を構築するためのノートパソコン

お勧めの製品

VR向けコンテンツにはFPSが重要な要素となる

Oculus Rift CV1および、VIVEの推奨スペックを満たしていることが最低条件になります。

Oculus Rift CV1に関しては、VR向けコンテンツの導入は、「Oculus Store」というOculus社公式プラットフォームからのデータダウンロードになりますが、ここからダウンロードできるコンテンツは「初期設定時において推奨スペックで90FPSを維持した動作が実現できること」が前提条件とされています。

  • 90FPS

そのため、推奨スペックさえ満たしていれば、「初期設定」環境下においては、各種コンテンツを楽しむことができます。

ただ、あくまでも「初期設定」における話です。コンテンツによっては、映像描写を綺麗にする設定などが設けられており、変更を加えることでパソコンの負荷が増えることになります。より美麗な映像でコンテンツを楽しみたい場合は、推奨スペックよりもワンランク上の性能を保持することをオススメします。

イベント運営やデモ環境のプレゼンなどには「取り回し」も視野に

シンプルに自宅やオフィスでの活用であれば、ハイスペックなパソコンを用意すれば問題ありません。ただ、VRコンテンツのイベント利用であったり、デモコンテンツのプレゼンテーションといった開発者目線、ビジネス視点となった場合は、パソコンの大きさや取り回しも重要なポイントになります。

ハイスペックなグラフィックス性能を有するパソコンは比較的大きなサイズになる傾向がありますが、G-Tuneでは「LITTLEGEARシリーズ」という、小型かつハイスペックな製品を展開しています。

この製品は、VR開発者の声を受けて誕生した製品であり、「持ち運ぶデスクトップパソコン」を体現しています。小型はもちろん、筐体にハンドルを設けているためイベント設営などの取り回しにも非常に有効です。また、2016年現在で最高峰のグラフィックスカードを搭載することも可能な放熱性を持っている点もオススメできます。

電源や別途モニターを確保する必要がありますが、大型のデスクトップパソコンを運用するよりも、はるかに利便性に優れています。
コストパフォーマンスも良いため、限られた予算の中で運用するイベントなどにもオススメです。

逆に、予算の観点を外すと、ノートパソコンがオススメです。
モニターを別途用意する必要がない点、重量の観点から、更に優れた利便性を実現しています。

  • HMDイメージ
  • 持ち運べるデスクトップPCを体現した「LITTLE GEAR」シリーズ
  • デスクトップパソコンのオススメ製品はこちら
  • ノートパソコンのオススメ製品はこちら

OcuFes監修PC ラインアップ

  • イベント/デモ展示に活用するなら!
  • 自宅/オフィスで楽しむなら!

イベントやデモ展示用に最適なOcuFesおすすめモデルです。取り回しの良く、ハイスペック構成が可能な小型デスクトップと、デスクトップに迫る処理能力を有したノートPCモデルがあります。

イベント / デモ展示向けラインナップ

Oculus Rift CV1とVIVEの推奨スペックに準拠した、VR環境構築入門モデル

製品画像

LITTLEGEAR i310GA3-VR
  •  

    114,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i5-6600 プロセッサー
    (4コア/3.30GHz/TB時最大3.90GHz/6MB スマートキャッシュ)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 970(4GB)
  • メモリ : 8GB PC3-12800 (8GB×1)
  • SSD : 240GB Serial ATAIII
  • チップセット : インテル® H110 Express
  • 電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • ※ディスプレイ、キーボード、マウスは付属しておりません。
  • ※光学ドライブ、カードリーダーは搭載しておりません。
  • ケース詳細はこちら

OcuFesがオススメするハイスペックモデル。コンテンツ開発やイベント運営にもオススメ

製品画像

LITTLEGEAR i310PA4-VRF
  •  

    159,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
    (4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 980(4GB)
  • メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD : 240GB Serial ATAIII
  • チップセット : インテル® H110 Express
  • 電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • ※ディスプレイ、キーボード、マウスは付属しておりません。
  • ※光学ドライブ、カードリーダーは搭載しておりません。
  • OcuFesとは
  • ケース詳細はこちら

Unite Tokyo 2016 Oculusブースで使用されたG-Tuneと同スペック構成のイベント向けモデル

製品画像

LITTLEGEAR i310PA4-SP-VR
  •  

    169,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
    (4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 980(4GB)
  • メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD : 480GB Serial ATAIII
  • チップセット : インテル® H110 Express
  • 電源 : 700W 【80PLUS® GOLD】
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • ※ディスプレイ、キーボード、マウスは付属しておりません。
  • ※光学ドライブ、カードリーダーは搭載しておりません。
  • ケース詳細はこちら

OcufesがオススメするVR環境向けノートPC、デスクトップPCに匹敵するハイパワーを実現!

製品画像

NEXTGEAR-NOTE i71000BA2-VRF
  •  

    284,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
    (4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 980(8GB)
  • メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD : 240GB Serial ATAIII
  • ハードディスク : 1TB SerialATAII 5400rpm
  • チップセット : インテル® Z170 Express
  • 液晶パネル : 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ IPS/ LEDバックライト)
  • 無線 : IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • OcuFesとは
  • ケース詳細はこちら

個人 / オフィス向けラインナップ

個人(自宅)や、オフィスでVRを楽しむためのエントリー向けモデル

製品画像

NEXTGEAR-MICRO im580GA2-VRF
  •  

    129,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i5-6600 プロセッサー
    (4コア/3.30GHz/TB時最大3.90GHz/6MB スマートキャッシュ)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 970(4GB)
  • メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD : 240GB Serial ATAIII
  • チップセット : インテル® H170 Express
  • 電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • ※ディスプレイ、キーボード、マウスは付属しておりません。
  • ※光学ドライブ、カードリーダーは搭載しておりません。
  • OcuFesとは
  • ケース詳細はこちら

個人(自宅)や、オフィスでVRをさらに高い品質で楽しめるハイエンド仕様モデル

製品画像

NEXTGEAR i650PA6-VRF
  •  

    189,800円(税別)
  • Windows 10 Home 搭載モデルで購入
  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
    (4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス : GeForce® GTX™ 980(4GB)
  • メモリ : 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD : 480GB Serial ATAIII
  • チップセット : インテル® Z170 Express
  • 光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
  • カードリーダー : マルチカードリーダー
  • 電源 : 700W 【80PLUS® BRONZE】
  • 保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
  • ※ディスプレイ、キーボード、マウスは付属しておりません。
  • OcuFesとは
  • ケース詳細はこちら

よくあるご質問

Q. パソコンにOculus Rift CV1やVIVEは同梱されていますか?
Oculus Rift CV1やVIVEは同梱されておりません。
Q. Oculus Rift CV1やVIVE動作保証はありますか?
動作保証はございません。また、Oculus Rift CV1やVIVEの使用におけるサポートも行っておりません。Oculus Rift CV1 とVIVEが推奨するスペックを満たすパソコン製品をご提案しております。

OcuFesとは?

OcuFesとは、日本国内におけるVR向けヘッドマウントディスプレイや、VR関連デバイスの普及およびパーソナルVRという新しい文化を支える開発者団体です。
OcuFes監修モデルは、今まで培ってきたVR向けコンテンツ開発やイベント運営を行うにあたって、製品スペックはもちろんのこと、イベントでの設置性や取り回しなど、「実運用」に適する製品となっています。

OcuFesの詳細はこちら

【ご注意】
※ 仕様は予告なく変更となることがあります。
※ 画像はイメージです。
※ 弊社では、キーボードのキー多重同時押しによるプログラマブル操作(キーアクション)や入力動作は、Windows® 標準で指定されている動作以外は保証対象外となります。

・ Microsoft、Windows、Officeロゴ、Outlook、Excel、OneNote、PowerPoint、WindowsのロゴおよびDirectXは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
・ Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
・ NVIDIA、nVIDIAロゴ、CUDA、TESLA、SLI、GeForce、Quadroは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの登録商標または商標です。
・ AMD、AMD Arrowロゴ、ATI、ATIロゴ、Radeon、AMD Athlon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
・ 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。