インディーズゲーム紹介「EF-12」

  • EF-12メイン画像
  • EF-12 ゲームイメージ1
  • EF-12

  • 開発者:クアッドアロー
  • 開発者ロゴ
  • 本作は格闘ゲームであり、かつ、格闘ゲーム開発ツールとして使用いただける作品です。ほとんどすべての要素をカスタマイズ可能であり、自由に3D格闘ゲームを開発することができます。なんと、ゲーム本編のみならず、開発用ツール、コンバータ、サンプルデータ、ドキュメントなど、すべてが無料で公開されています。(詳細及び開発については、EF-12 公式サイトをご確認ください)

    本コンテンツはeスポーツ向けフリーと謳われていますが、データ入れ替えして商用に利用しても構いませんし、売り上げから利益料を微収されることもありません。同人ゲーム開発、販売等にご興味のある方は、ぜひオリジナル格闘の制作に挑戦してみてください。

eスポーツ専用に開発された、完全無料の格闘コンテンツ。ほぼすべての要素をカスタマイズすることが可能。望むがままの3D格闘PCゲームをつくろう!

充実のキャラメイク機能が実装!

  • 充実のキャラメイク機能が実装
  • ver.1.70から、「パーツ組み合わせによるキャラメイク機能」が実装されました。

    あなたが作ったパーツモデル、他の誰かが作ったパーツモデルを好きなように組み合わせることができます。パーツは最大64個まで設定可能!パーツは専用のデータベースに登録されており、そこから気に入ったものをダウンロードできます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

クリエイターズボイス

  • EF-12 ゲームイメージ
  • このプロジェクトの始まりは、10年以上前、eスポーツプロデューサーである犬飼博士氏との出会いがきっかけでした。

    ビデオゲームというものをeスポーツという形で単なる娯楽ではない文化にするんだという彼はプロデューサーサイドからeスポーツを盛り上げていくのだといい、自分は「じゃあeスポーツ用のコンテンツを自分は作るよ」と約束しました。

    その後10年の間に2度の試作、そして中止があり、3度目にしてようやくEF-12として世に出すことが叶いました。

    続きを読む...